宮鍵(みやかぎ)

明治時代から愛される老舗ならではの味わい

宮鍵

明治32(1899)年の創業以来、伝統ある味を守り続けるうなぎとかしわ(鶏肉)料理の老舗。

風情あふれる座敷中心の店内で味わえる「櫃まぶし」は「親子丼」と並ぶ定番メニューで古くからの常連客も多い。創業時より秘伝のタレを使い、脂がほどよく残る火加減でふっくら焼き上げた、国産うなぎのうまみを引き立てる。

ねぎ、わさびをたっぷりと使ったシンプルかつ本格的なひつまぶしを存分に堪能できる。もちろん、最後はお茶漬けにしてさらりといただくのが基本。

朝びきした新鮮な三河の赤鶏を使ったかしわ料理も絶品。料理長が20年ほど前に考案したみそすきは、かしわを味噌で煮込む鶏の鍋物。

岡崎の八丁味噌をベースに鶏がらのスープを加えた甘辛い味噌でじっくりと煮込む。こちらも名古屋ならではの味わいで、ぜひとも食べてほしい。

宮鍵8宮鍵10宮鍵9宮鍵2宮鍵4宮鍵3宮鍵5宮鍵6宮鍵7
店名 宮鍵
地域 名古屋駅周辺
営業時間 11:30~14:00(L.O) 17:00~21:00(L.O)
定休日 土曜日
TEL 052-541-0760
所在地 名古屋市中村区名駅南1-2-13
カード
席数 150席
アクセス 「名古屋駅」より徒歩10分 地下鉄「伏見駅」より徒歩7分
駐車場 あり(提携)
ページのトップへ